1軍外野守備走塁コーチに河田雄祐コーチを抜擢

少々前の話題となってしまいますが、新任の河田雄祐コーチが1軍外野守備走塁部門を担当することになりました。河田雄祐コーチはカープOBで1985年ドラフト会議で3位で指名を受け入団、1995年オフに西武ライオンズに移籍し、2002年に引退。2003年から2015年までの12年間、西武ライオンズで守備走塁コーチを歴任しました。2003年は2軍打撃コーチ職でありましたが、2004年からは2軍1軍の外野守備走塁専門で、コーチを11年間勤めあげました。今シーズンオフに西武ライオンズから残念ながら解任となってしまいましたが、古巣であるカープに復帰を果たした事になります。
私は幾度と無く西武ドームで河田雄祐コーチがサードベースコーチを務め上げる姿を見てきましたので、カープでもう一度コーチのチャンスを与えられることが良かったと思います。

河田雄祐コーチはライオンズでは主にサードベースコーチを務めてきました。1軍では2011年から2014年までサードベースコーチを担当してきましたが、今シーズンはオープン戦で何試合かサードベースコーチを担当したものの、開幕後は奈良原浩コーチがサードベースコーチを担当し、河田雄祐コーチはファーストベースコーチを担当するようになります。西武ライオンズでは今シーズン、田邊徳雄監督が代行から正式に監督に就任したため、田邊徳雄監督の判断であったと思います。
河田雄祐コーチのサードベースコーチとしてはミスが多く歴代監督も苦言を呈したこともありました。次の打者の打力を考慮すれば必ずしも無理をさせない場面が多いと思いますが、オープン戦でもセカンドランナーを無理して帰還させる場面でなかったとしても、ホームベースに突入させてアウトになってしまうミスが目立ってしまい配置転換になったのでしょう。ファンの間でも河田雄祐コーチの判断には少々首をかしげる場面もありましたし、私が書いている「レオ様にっき」でも度々指摘してきました。

河田雄祐コーチを招聘したカープ球団としてもこういった、西武ライオンズ時代の評価は調査済みであると思います。ただ西武ライオンズでの評価と広島東洋カープでの評価は当然違います。それは当然で西武ライオンズと広島東洋カープでは打線のメンバーが違います。
簡単に言えば西武ライオンズは打撃型のチームで、今のライオンズにおいて足のスペシャリストと呼べる選手がそこまで多くはありません。どちらかと言えばクリーンアップの長打を中心とした打で得点を取っていくチームです。
対してカープは走塁技術を前面に押し出したチームで、チーム内で走力のある選手がある程度揃っているチームです。ですから河田雄祐コーチの力量を西武ライオンズでは充分に発揮できない事もあったと思いますが、逆にカープでは河田雄祐コーチの能力が100%発揮できる選手達が揃っていると見るべきでしょう。それを踏まえて、カープ球団は招聘に至ったのだと思います。

またサードベースコーチではなく、ファーストベースコーチとして起用する可能性もあると思います。
ファーストベースコーチの主な仕事は、常にボールの位置を確認して、打者とランナーに指などで指示を出すこと、そして投手の牽制の有無、相手野手の守備位置をランナーに指示する、アウトカウントの共有などサードベースコーチとはまったく異なる役割です。ファーストランナーの盗塁サポートもファーストベースコーチが行います。
よって河田雄祐コーチをファーストベースコーチで起用する可能性もありますし、今シーズンの西武ライオンズではファーストベースコーチを担当していましたので、これでも良いのかもしれません。

また外野手の育成に関しても、カープには丸佳浩選手をはじめ、野間選手や鈴木誠也選手などの育成を託されることになるでしょう。今シーズンに課題を残したいろいろな場面を想定した守備位置の取り方や外野手個々のレベルアップの手助けをしてくれるでしょう。
河田雄祐コーチは非常に人当たりが良いコーチで、ライオンズの外野手からの信頼も厚いコーチでした。若い選手が多いカープでも選手に慕われる良いコーチになるはずです。西武ライオンズでの12年間の経験をカープで生かして欲しいと思っています。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

貧打と呼ばれた2015シーズンのカープ

今シーズン借金2の4位に終わってしまったカープですが、2016年度のコーチングスタッフは未だに発表になっていません。他球団の2016シーズンのコーチングスタッフが続々と発表になっている中で、CSに出場しないわけですからいち早く組閣を進めたいところです。
現段階で新井宏昌1軍打撃コーチの辞任が発表されていますが、それ以外のコーチ陣の去就、2016年の首脳陣一覧はまだ発表になっていません。いずれも近いうちに発表があると思いますが、基本線としては今シーズンのコーチ陣の大部分が残留する見込みでしょう。

まず辞任した新井打撃コーチでありますが、表向きには引責辞任と言われています。一言で打撃不振と言う形です。ただ「打てない」「貧打」という声を耳にしますがチームOPSはセリーグ2位の.681、得点はリーグ3位の506、本塁打はリーグ3位の105と貧打とは言い難い部分もあります。打撃で特筆できるのは3塁打数で32本はリーグ断トツで1位で12球団もマリーンズに次いで2位、優勝したスワローズの2倍となる32本を記録しています。やはり走力のある選手が多い点もありますが、3塁打は長打にならなければ当然生まれませんので、ここがカープ打線の特徴と言えます。
反面三振はリーグワーストの1082を数え、12球団で見てもライオンズの1194に次いでワースト2位の記録となっています。中でもシーズン100三振を超える打者が丸佳浩選手と田中広輔選手、90台が菊池涼介選手とエルドレッド選手と三振数上位でカープの選手が多く居るため、ここが新井コーチが言う「責任」であると思います。

もちろん主軸となる外国人打者にとっては、長打の副産物が三振であり、三振を減らす打撃を行えばホームランや長打も減ります。もちろん三振を減らすに越したことはないのですが、減らそうとして数字が落ちては元も子もありません。ですので個人的には主軸を打つような選手の三振数はある程度眼をつぶるべきではないかと考えています。
話を戻すと2015シーズンのカープが貧打と言われる所以はやはり丸佳浩選手菊池涼介選手の三振数ではないでしょうか。主に1番2番のコンビを組んだこの両選手ですが、三振数が2名合計で225個でした。特に丸佳浩選手の三振数は143個と2014シーズンの95個から大きく増加してしまっています。また出塁率も5分程度落として.361と三振数がそのままマイナスになってしまっているようなイメージです。

例えば上位打線の1番2番で三振が多くなってしまうと、1番が出塁して無死1塁としても、2番打者が三振でそのまま1死1塁となってしまいます。しかし2番打者が仮にセカンドゴロであったとすれば、進塁打となり1死2塁となります。そこでクリーンアップに1本ヒットが出ればこれで1点です。比較的投手陣が整備されているカープにおいて、1点1点の積み重ねが勝利をぐっと近づけられると考えています。よってカープの1番2番の上位打線を打つ選手に関しては三振を減らして、アウトになるのでもランナーを進めるような打撃ができるようになるか、これが来シーズンへのポイントになるでしょう。

では三振が増えてしまった要因とすれば、もちろん年によっての調子の上下はあると思いますし、たまたま2015シーズンが振るわなかったのかもしれません。
しかし今シーズンの打撃を見ていくと、どうやら相手バッテリーの配球をどうも読み切れずに狙い球がずれたボールに打ちに行ったり、それによってタイミングが外れて三振に倒れてしまっているシーズンが多いように感じます。もちろん全てが全てではありませんし、相手バッテリーとしても攻め方は毎年変わることはよくあることです。

ただ相手バッテリーの情報をもう少し多く頭に入れて打席に入っていれば、という打席もあったのは事実でしょう。得意ボールやウイニングショットの軌道をしっかりと頭で整理して打席に入れていれば防げる三振もあったのではないかと思います。
そういったところのアドバイスができなかったこと、これが新井コーチが感じた責任の一部であるのではないかと思っています。
緒方孝市監督と新井宏昌コーチとの不仲説はシーズン中にもささやかれました。相手バッテリーの分析などをどのコーチが担当していたかはわかりません。ヘッド格であった永田コーチかもしれません。カープとしてもスコアラーが持ってきた情報を分析できる打撃コーチ、もしくは作戦コーチを立てる必要があると思います。現場トップは緒方孝市監督なのですから、緒方監督がやる野球を理解できるコーチを招聘することが重要です。なおかつ分析や作戦面で采配をサポートができるコーチを置くべきであると思います。
後任は迎祐一郎打撃コーチ補佐がチーフ格に就任するのか、もしくは外部から招聘するのかはわかりませんし、情報も出てきませんが、1名補充することになるでしょう。
来シーズンは1番2番の三振を減らして、出塁率を高めて真の意味での強力打線を構築して行って欲しいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

浮上の切り札のなるリリーバー大瀬良大地投手

今シーズン6月10日のライオンズ戦からリリーバー転向したのが、大瀬良大地投手です。ここまでの救援投手としての成績は8試合を投げて防御率4.15と数字上は芳しくありませんが、ここ4試合は無失点でセットアッパーとしての役割を果たしてくれていると言っていいでしょう。
救援投手転向してすぐの登板では、やはり登板間隔も影響していると思います。先発投手としての最後の登板となった6月3日マツダスタジアムで行われたファイターズ戦でこのゲームでは122球投げています。そこから中6日の6月10日、西武プリンスドームで行われたライオンズ戦でリリーフ登板デビューを果たしますが、この中6日の間隔で先発からリリーバーへ配置転換をして調整を行うのは、やはり酷な話しであると思います。

先発とリリーバーでは当然調整方法も違います。これはチームによりけりなのですが、リリーバーの場合には遠征先のホテルを出る時間や、球場入りする時間も違いますし、肩の作り方、ブルペンへの入り方など先発投手とは全く違います。単純に先発からリリーバーの転向なのですが、簡単ではありません。
ですのでリリーバー転向直後は、影響もあったのでしょう。不安定なピッチングも見られましたが、ここ数試合はようやくリリーバーとしてジャストしてきたと見ています。

大瀬良大地投手をリリーバーへ配置転換する目的は、もちろんチームのリリーバー陣に怪我や不調な投手が出てきているためですが、大瀬良大地投手にとっても1イニングで全力で腕を振ることを思い出すきっかけになると思います。
今シーズンの大瀬良大地投手は先発ローテーション入りをしている時でも、9試合でQS率が44.44%で防御率は3.43と悪くはないもの、9試合で973球を要しています。つまり先発登板しても5回ないし6回で100球に到達するケースもあり、やはりこれは大瀬良大地投手の実力からすると少々物足りない成績であると思います。
もちろん2年目のジンクス、打線の援護がなかなか無かったという要因もあるでしょうけれど、本来の姿ではないでしょう。
まず大瀬良大地投手が本来の姿を取り戻すためには、まずは腕を強く振ることでしっかりとボールを投げ込むという意識をつくることが大切でしょう。なかなか勝てない時期が続くと、大事に行こうという考えからかどうしても腕が振れなくなってしまいます。そこで短いイニングを任せることで、基本である「腕を振るという感覚」を大瀬良投手の体に覚え込ませることで復調と更なる成長を促す目的はあるはずです。
大瀬良大地投手が今後、リリーバーとして生きていくのか、ある程度の段階で先発に戻るかは分かりませんが、リリーバーの経験は非常に大きな財産になるはずです。気持ちの部位として先発が降りたとのリリーバー陣がどういった気持ちでマウンドに上がるか分かるからです。先発に戻ったとしてもその経験は生きるでしょう。

現段階では大瀬良投手の配置転換は成功とみるべきですが、まだリリーバー適正があるか無いか判断できませんし、まだ判断するべきではないでしょう。幸いながらカープはセリーグ他球団に比べ先発投手も安定していますし、総得点も現段階でリーグNo1です。つまり大瀬良投手を配置転換が成功すれば、比較的弱点であったリリーバー陣が安定するでしょう。リリーバーは不思議なもので1人が安定しだすと、全体が安定します。先発はそうではありません。これから浮上していくにあたって非常に大きなカギを大瀬良投手が握っていると言って過言ではないと思います。

プロ2年目の大瀬良投手をリリーバーに配置転換することは、非常に勇気のいることであると思います。その決断をした、畝投手コーチ、緒方監督のファインプレーであると現段階では思います。
エルドレット選手の復帰が思ったよりも早く、その分チームの復調も思ったより早かったと個人的には感じていますし、混戦のセリーグを抜け出して首位を走る様なチームになってほしいと願っています。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/