福井優也投手への期待

今夜のゲームでカープ・福井優也投手が今シーズン初の先発登板し、5回を投げ切ったものの9安打を許し、3四死球を与え6失点と先発としての役割を果たすことができませんでした。まずこのゲームを見て、この状態で1軍で先発をさせても良い結果は出ないでしょう。

まず投球フォームをしっかり固めることが必要でしょう。このゲーム、ストレートの球速は146km/h以上出ていました。スピードガンが甘い神宮球場ということを考えても、これは合格です。
しかしスワローズの各打者から見れば、果たして何km/hに見えていたでしょうか。おそらく球威が感じられないため、打ち返しやすいボールに見えていたのではないでしょうか。ストレートの球速は確かに重要です。やはり遅いよりは当然速いほうが良いのです。しかし、初速と終速で球速に大きな差が出てしまうと、プロの打者であれば打ち返すのは朝飯前といったところでしょう。

ではなぜ、福井投手のストレートには球威がないのか、という事になりますが一番は投球フォームです。
投球時に下半身に粘りが無いため、下半身よりも右手のリリースポイントが先に出てきます。右投手の場合、投球時にマウンドに左足を踏み込むのですが、その踏み込みが弱いのです。というよりも上体の強さに下半身が付いて行けてないと言った方がいいかもしれません。
上体(つまり手)が先に出てしまうと、当然ながら上体の力のみでボールを投げるので、投手の体重がボールに乗りません。そういったフォームであると、球速ほど球威出ず、たとえ140km/h代後半のストレートを投げたとしても意図も簡単に打ち返されてしまいます。変化球はまずまずであったと思いますが、ストレートあっての変化球なのです。ストレートに球威が無ければ、変化球で空振りも取れませんし、タイミングを外す事もできず、落ちるボールも打者に見切られてしまいます。
球威が無いことをバッテリーが一番感じますから、抑えてやろうと余計な力みが生じ、制球まで乱してしまうという、悪循環です。投手にとって「余計な力みは一利なし」と言いますが、まさしくその通りです。今夜の福井投手のコメントからも「力み」というキーワードが出ましたが、そのとおりでしょう。球速は出ますが、球威はなく、制球もできないということであれば、1軍で打者を抑えていくことは難しいと言わざるを得ません。
夏頃のリリーバーが疲労からか、こういったフォームになってしまうシーンをよく目にします。しかし福井投手は今シーズン初登板でありますから、疲労が溜まっているということは無いはずです。

逆にしっかりの体重がボールに乗ったボールは、打者の手元に来ても球速が落ちませんから、打者が「来た」と思ってバットを振っても空振りかボールの下を叩いた凡フライになります。こういったボールであれは140km/hのストレートでも打ち取ることができます。代表的な投手は埼玉西武ライオンズの野上亮磨投手をイメージしてもらえばわかりやすいかと思います。

福井投手は今夜の投球で残念ながらファームに降格となってしまうでしょう。
ファームでは上体に負けないような下半身強化、そしてリリースポイントの固定化するようなフォームのマイナーチェンジを行い、1軍に復帰した時に大活躍を期待します。
早大時代の同期である、斎藤佑樹投手大石達也投手も苦しんでいます。昨シーズンオフは3名で自主トレをしたようですが、なかなか結果が出ません。オフこそ、結果の出ていて実績のある投手と自主トレをし、そういった投手から何かを吸収してほしいと願っています。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/

篠田純平投手の進化

今シーズン、篠田純平投手のフォームに変化が見られます。分かりやすく言うと、フォームのテイクバックが小さくなり、投球時に頭の近くを腕が通るようなフォームに変わりました。昨シーズンまでの篠田投手はどちらかと言うとダイナミックなフォームでありました。今シーズンはここまで3試合に登板し、1勝1敗で防御率は3.05という成績です。4月10日のジャイアンツ戦では5回2/3で9本ものヒットを打たれてしまいましたが、それ以外の2試合では先発の役割を充分果たしてくれていると思います。

今シーズン、投球フォームを変更した大きな狙いは、
1.制球力の向上
2.相手打者からボールを出所を見にくくする


というのが大きな狙いでしょう。
1.の制球力向上に関して言えば、逆に言えば制球力が無いと1軍で打者を抑えるのは難しいでしょう。すとれーとの球速が140km/h少々がMAXです。よって低め低めに投げられるか、これが大きなポイントになります。もちろん低めに投げることは重要なのですが、あと重視したいのは左右の出し入れです。左右とは、内角外角という意味です。
速球派投手の場合、ストライクゾーンの上下で動かして打者を三振に取っていくことが攻め方の1つになるでしょう。しかし、篠田投手の場合、今後は内角外角を意識した投球をしないといけません。今現在はシーズンが始まったばかりで、まだまだ対戦していない打者、対戦していないチームもあるでしょう。しかしデータが増えてきた場合、低めにボールを集めるだけでは勝つことは難しいと思います。
ちろんそれを見越した攻めをバッテリー間で行うと思いますが、今後の登板では内角外角をどう使い分けるか、注目して見て行きたいと思います。
昨年までは制球に苦労する場面が多かったのですが、今シーズンのフォームでは制球力の向上が期待できます。よってピッチング自体は楽になるでしょう。


2.のボールの出所に関しては、テイクバックが小さくなると顔の後ろから腕が出てくるイメージになるため、特に右打者と対戦する際に、なかなかタイミングが取りにくいでしょう。俗に「スモーキー」と呼ばれる投球フォームです。スモーキーで有名なのは吉井理人投手や現役投手ですと涌井秀章投手になります。
篠田投手が投げたストレートが右の強打者が篠田投手のストレートに差し込まれている場面が見られました。ストレート自体もコース的には厳しいコースではなく、ホームランにされてもおかしくないコースでした。
もちろん登板した日は調子がよく、ストレートのキレも良かったのでしょうけれど、今シーズンのフォームでボールの出所が見えにくく、バッターのタイミングがズレていることも大きな要因でしょう。
篠田投手は左投手でありますが、今後対戦するチームは右バッターではなく左バッターを並べてくるかもしれません。この辺りも注目ポイントです。


篠田投手には是非とも2桁10勝を期待したいと思います。10勝すればカープの優勝も近づくでしょう。昨シーズンはCS出場を果たし、今シーズンはリーグ優勝が目標のはずです。今後の篠田投手がどういったピッチングを見せてくれるか、楽しみであります。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/

大瀬良大地投手がプロ初勝利

先日4月16日の阪神タイガース戦で、ルーキドラフト1位の大瀬良大地投手がプロ初勝利を挙げました。7イニングを投げて被安打5、1失点という素晴らしい成績でした。しかも投手の責任である自責点は0と言いますから、これも素晴らしい成績でしょう。また相手は今一番好調であるマートン選手を擁する阪神タイガースであることも特筆できます。
先日は今シーズン3回目の先発となりましたが、その前の2度の登板も7回3失点、7回2失点とQSをクリアしていることになります。今シーズン3試合ながらQS率100%とルーキーとは思えないほどの活躍ぶりです。4月9日の巨人戦で1敗してしまっていますが、これは打線の責任と言っていいでしょう。ルーキーが頑張っていながら援護できなかったのです。しかし早くも先発3戦目、今度は自責点0に抑え、自分自身で価値をもぎ取ってきた勝利であると思います。

大瀬良投手は、とにかく投げっぷりが良いという印象を持ちます。本来のルーキーの投手であれば、マウンド上での仕草などから、投げるだけで精一杯である投手が多い中で、マウンドさばきが非常に落ち着いています。言うなればマウンドが「大瀬良ワールド」になっているのです。つまり、言い方は悪いのですが打者を見下して投球をしているのです。これは勝てる投手の条件の1つになるでしょう。
投手と打者の勝負において、投手は打者よりも気持ちの面で上を行かなければいけません。何故なら、打者がヒットを打つ確率はどんなに一流な打者でも.350なのです。逆に考えれば、.650は投手が勝つ、これが野球なのです。
この数字を大瀬良投手が常に考えて投球しているかはわかりません。ただ投球やマウンド裁きを見ている限り、打者よりも気持ちの面で負けていないのは確かでしょう。これで結果(つまり勝ちが付けば)がついてくれば、さらに大瀬良ワールドが進化することになります。

大瀬良投手の持ち球はストレート、カットファーストボール、スライダー、カーブということろでしょう。おそらくストレートが半分強、あとの3つの球種が15%くらいの配球だと思います。やはり大卒1年目ということで力強いストレートで押していく、という配球になるでしょう。
1つ気になる点とすると、カットボール、スライダー、カーブともにどちらかと言えば縦系の変化となります。今はデータも少なく、これだけ伸びのあるストレートを投げ込んでいますので、打者を抑えられるでしょう。ただ大学野球の1シーズンと、プロ野球の1シーズンでは試合数がまるで違います。
1年間投げ続けるためには、横系に変化するボールを習得すると、被打率も下がっていくでしょう。横変化といえば、シュートが思い浮かびます。御存知の通り、右打者の懐に食い込むボールです。シュートといえばケンカ投法で有名な東尾修投手の代名詞です。縦変化中心の中で横変化であるシュートを混ぜていくと、より幅の広いピッチングになるでしょう。

大瀬良投手には新人王という期待がかかります。ライバルは多いものの、能力を考えると新人王も十分可能性があるでしょう。ドラフト会議で運命のクジを引いてくれた田村スカウトのためにも、新人王をぜひ取ってほしいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/