一岡竜司投手が登録抹消

私が2015年初頭に書いた一岡竜司投手に関する記事のアクセス数が未だに非常に多い状態にあります。もう半年前ほどの記事になるのですが、やはりこれだけ多いということはそれだけ一岡竜司投手に関する関心の高さかと思います。
さてその一岡投手ですが、先日21日に出場選手登録を抹消されました。今シーズンの成績は15試合に登板し14イニングで失点12(自責点11)、防御率は7.07という数字です。抹消前の20日に行われたドラゴンズ戦に登板しますが1イニングで3安打1四球を許して4失点という結果に終わりました。この結果を受けて21日に抹消されたのでしょう。

まず今シーズンの一岡投手が結果を残せていない原因として、昨シーズン比のデータ上では次の3点です。(もちろんこれ以外もありますが、特に注目するべき項目として)

・被打率の上昇(.152→.296)
・BB/9値の上昇(2.03→5.79)
・被出塁率の上昇(.204→.406)

でしょう。

今シーズンの一岡投手を見ていると、やはりストレートの質が昨シーズンとはまるで違うものになっていることが分かります。今シーズンの最高球速は148km/h、昨シーズンが151km/hで2km/h最高球速が低下していますが、ここは問題ではないでしょう。今シーズンも昨シーズンのような良いストレートを投げるシーンも見られます。しかしその頻度が非常に低いのです。今シーズン、中には130km/h台のストレートも見られるくらいです。もちろん球速が全てではありませんが、ある程度球速で判断するべきでなのでしょう。



現状の一岡投手の大きな課題はピッチングフォームにあると感じます。ピッチャーのピッチングフォームをよく見ていくと、右投手の場合には軸足である右足から前に踏み込んだ左足へ体重移動をし、ボールを離します。この時より打者の近い場所でボールを離すことで球威や球速を出します。よく「球持ちが良い」とTV解説なので言われるのがこのことです。当然ながらボールを離す位置から打者までの距離が少しでも短い方が球速が出ます(正しく言うと球速が落ちない)。

一岡投手の課題はまさしくこの体重移動で、体重が左足に乗らないうちにボールを離しているのです。この結果、ボールに充分なエネルギーが伝わらずに球威、球速が低下しているのです。またボールを離す位置が早いですから、ストレートを投げたつもりでもシュート回転してしまったり、フォークボールも落ちが早くて見切られる、もしくは抜けるようなフォークボールが多くなり打者に捉えられるという傾向が非常に多く見えます。余談ながらフォークボールの被打率(スプリット系含め)が昨シーズンの.143から.300への大幅に上昇していますが、これも偶然ではなく体重移動が原因でしょう。

現段階での改善点では体重移動のスピードを早くすることでしょう。「早くする」という書き方は語弊があるかもしれませんが、重心が左足に移る時に身体も左足に体重がかかるようなイメージが理想です。参考までに上の動画で岸孝之投手のフォームを載せているのですが、非常に綺麗な体重移動と力感が取れた美しいフォームです。

このように体重移動がおかしくなってしまって調子が降下するリリーバーは少なくありません。そのほとんどが登板過多による疲労が原因です。一岡投手の場合には昨シーズン肩を怪我していますが、今の状態との因果関係はわかりません。肩を庇って投げるなど因果関係はゼロではないでしょうけれど、今回の抹消に至った不調とは切り離して考えるべきかと思います。
重要なのはフォームを崩してしまう前に、抹消するなり登板間隔をあけることで疲労を抜いてあげないといけません。体重移動が上手く出来ていないまま投げ込んでこのフォームを身体が覚えてしまった場合、これは直すのは大変な話です。しかし早い段階で疲労を抜いてあげれば、完全にフォームや体重移動を崩さないまま再調整が効くので、比較的早期に復帰できるでしょう。
気になるのは一岡投手が開幕直後からこのような状態であったことです。そして開幕から2ヶ月が経過しようとしている時期に抹消という形でした。チーム事情もあったかとは思いますが、少々抹消するのが遅すぎたようにも思います。ここは毎日ブルペンで見ているブルペン担当の投手コーチがしっかりフォームを分析して、もっと早く抹消してあげたかったように思います。

ファームで疲労を抜いて、しっかりボールにエネルギーを伝えられる状態になってからまた1軍のマウンドに復帰して欲しいと願っています。
 



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

シアー・ホルツ選手が克服するべき課題

2015シーズン攻撃力が低迷しているカープでにおいて救世主として期待されて途中入団したのが、シアー・ホルツ選手です。緊急獲得となり、来日後すぐと言っていい形で1軍デビューを果たしますが、7試合26打席で打率.080とヒットが2本しか打てずにファームへ降格となりました。体調面での不安もありますが事実上は再調整ということでしょう。

ホルツ選手がここまで低迷する理由はいくつか思い浮かびますが、まずは入団してから1軍デビューまでの時間があまりにも無さ過ぎました。緊急補強という形での入団となりましたが、やはりウエスタンリーグで最低20打席は立たせてから1軍デビューさせるべきだったと思います。アメリカと日本の野球は違いますので、日本野球にアジャストさせる時間は必要です。どのくらい必要かはその選手によって変わりますが、最低でも20打席、もしくは10試合は必要であると考えます。
一部ファンからは「ホルツは使えない」という声も聞かれているようですが、私はそうは思いません。ウエスタンリーグでしっかりと調整をしてくれれば1軍でも必ずや活躍してくれると思っています。

ではウエスタンリーグで何を調整すればいいのか、ということになりますが私はポイントを2点挙げたいと思います。

まずはアウトローへの対応です。ホルツ選手はわずか26打席しか立っていませんが、目立つのはアウトローのボールゾーンになるコースに手が出ていると感じます。これは容易に想像できるかと思いますが、アウトローを打ち返すのは非常に難易度が高いのです。もちろんストライクゾーンであれば対応をしていかなくてはなりません。追い込まれた状況下であればファールにできる対応力が必要でしょう。アウトローは投手から見ても投げ込むのが難しいコースですから、カットしていくことで打てるコースが来るのを待つもの重要なポイントでしょう。
ただホルツ選手の場合には、アウトローのストライクゾーンだけでなくボールゾーンに手が出ているのです。これは日本で活躍できる外国人打者全員に言えることなのですが、やはりここを見逃せるようにならないと日本では数字が残りません。特にホルツ選手はどちらかと言えばアッパー系のスイングをするバッターですから、ローボールは得意だと思います。しかしこれもボール球まで手が出てしまうとどうしても数字が残りませんので克服したいところです。

2つ目はストライクゾーンでしょう。上に書いたアウトローへの対応に関連するのですが日本のストライクゾーンはメジャーリーグのストライクゾーンに比べて外角が狭く内角が広い、低めが狭く高めが広いという特徴(違い)があります。つまりアウトローに手が出やすいのもアメリカでストライクゾーンが頭に入っている可能性があると感じます。つまり「日本ではこのコースはボールなのか」とか「これはストライクなのか」ということをウエスタンリーグでしっかり頭に入れた上で打席に入らなければなりません。ストライクゾーンに対する慣れも必要でないかと感じます。

最後に今度はインハイのストレートに対する対応です。アッパー系のスイングですから少々苦労しそうなコースです。ここをどう捌くかもポイントになりそうです。セリーグのバッテリーはインハイに速球を投げ込んだり、捕手が立ち上がって高めの釣り球を要求することがパリーグに比べて少ないように感じますが、それでもインハイのストライクゾーンに入ってくるボールを打ち返すことができるようになればかなりの数字を残せるようになうと感じます。


外国人としては最高レベルの条件で獲得した選手ですから、ファンの期待値は高いでしょう。ウエスタンリーグでは打率4割前後と数字も出てきているようです。しっかりと日本野球にアジャストした上で、再昇格を勝ち取ってほしいと感じます。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

野間峻祥選手が2軍降格の可能性

ドラフト1位ルーキーである野間峻祥選手が2軍降格となる可能性が出てきました。一時期は開幕1軍は当確と思われていましたが、3月に入って12打数無安打と打撃での結果が出なくなってきました。緒方孝市監督も「内容が悪すぎたら考えるところ。彼は1軍決定ではない」とコメントし、2軍降格を示唆しました。

オープン戦初戦ではいきなりホームランを放ちアピールに成功した野間選手でありますが、ここに来て開幕1軍に黄色信号が灯っています。結論から書くと、野間選手は今の段階で2軍に降格させておいた方が良いと私は考えています。このまま1軍で使い続けても復調してくる可能性は低いのではないかと思います。
ここ数試合の打席での内容を見ていると、完全に自分の打撃ができていないように見えます。キャンプ中には非常にアグレッシブルに打撃練習をこなしているように見えましたが、今現在は別人のように「自分が1軍でいいのだろうか」とか自信を失いかけているようにも見えます。このままでは守備の面でも影響が出てくる可能性もあります。

原因としては疲労もあるでしょう。いくらドラフト1位で注目度も高く、メディアからは「新人王候補だ」などと書かれると野間選手にかかるプレッシャーは半端でないのは容易に想像がつきます。増してやプロ1年目のキャンプなのです。1軍でキャンプを迎える事自体素晴らしいことなのです。
技術的は話を少ししておくと、今現在の野間選手はバットが非常に重そうです。つまりどういうことかというと、疲労からかバットを振る力が弱くなってしまっているのです。そうなると投手のボールに対して野間選手のバットのスイングスピードが完全に負けてしまい、打球が完全に弱くなってしまったり、以前はヒットにできていたボールもファールになってしまったり。あるいは我慢出来ていたボール球を待ち切れなくなってボール球に手を出してしまったり、逆に甘いボールを見逃してしまったりと場面が見立ちます。
よって開幕前の今の段階で2軍に降格させて再調整を図るべきでしょう。疲労を回復させる他、自信を取り戻すようにまずはプレッシャーから開放してあげないといけません。

プロ1年目の野間選手に対して、2軍に降格させる際のケアはしっかりしなければなりません。緒方孝市監督のコメントからは苦言が目立ちます。先日も「若手は何もいいところが見られなかった。ベテランに帰ってきてもらわないといけないのか」と若手選手に対しての苦言が聞かれました。
攻撃力が非常に苦しいチーム状況で緒方孝市監督としても嘆きたいのでしょう。しかし苦言だけではいけませんから、2軍に降格させる選手に対してアドバイスをすることが大切でしょう。
以前楽天イーグルスの大久保博元監督が、野間選手と同じドラフト1位の安楽智大投手を2軍に降格させる際に、「悪いから落とすのではない」とコメントを残しました。メディアで報じられたのはこの言葉のみでありますが、きっとより細かいアドバイスと2軍での目標を大久保監督は通達しているはずです。

大久保博元監督が埼玉西武ライオンズの打撃コーチ時代に、若手選手を2軍降格する際に通達の仕方を工夫していていました。
「君の長所は△△だ。ただ1軍に残るためには□□が足りない。○日間2軍で時間を与えるから、課題を克服してきてくれ」
これは当時、野間選手と同年代であったある若手選手にかけた言葉です。もちろん一部のみを抜粋した言葉ではあります。このように具体的な課題をアドバイスしてあげることで、野間選手が何を2軍でやるべきかの道しるべをアドバイスしてあげる必要はあるでしょう。

緒方監督もメディアに対しては厳しいコメントを残していますが、きっと若手選手のケアはチーム内で行っているはずです。野間選手への期待と、首脳陣には野間選手の能力を発揮できるような環境つくりをして、それこそ新人王を狙うような活躍を期待していきたいと思います。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/