秋季キャンプで1600球を超える投げ込みを行っている九里亜蓮投手

プロ1年目のシーズンを終えた九里亜蓮投手が秋季キャンプでブルペン入りし、1,600球を来れる投げ込みを行っています。テーマとしては「脱力感」で力の抜けたフォームの取得を目指して、投げ込みを行っているようです。若手投手陣はシーズンが終わった秋季キャンプで投げ込みを行うのは珍しいことではなく、プロ経験が浅い線sにゅたちにとっては大切なことです。
シーズン中に習得したフォームを逃さないためにも、できるだけ投げ込んで体に覚えさせようという意図が見えます。九里亜蓮投手の場合には、習得したフォームを逃さないため崩さないためというほかに、フォーム改造という側面もあるようです。投げ込んでフォームを習得しようとしているのです。

一般論になる部分もあるのですが、秋季キャンプで投げ込みを行う場合、肩の怪我が心配という意見もありますし、下半身強化が大事という意見もあるでしょう。
それに関してですが、まず肩の怪我に関してはしっかりとしたフォームで投げ込みを行えば問題ないでしょう。ただ過度な投げ込みで疲労が溜まり、フォームを崩したまま投げ込みを行っていると肩痛や故障の原因となります。1600球を超える投げ込みを行っていくと、疲労が溜まってきているはずではありますので、フォームが崩れたまま投げていないかを観察する必要があると思います。しかし九里亜蓮投手1人で投げ込みを行うわけではなく、投手コーチもブルペンで付き添っているはずなので、問題ないと考えるべきでしょう。
逆に肩に違和感を感じるようであれば、まだまだおかしなフォームでブルペン投球しているという事になりますから、その場合はすぐに投げ込みを中止しフォームを見直さないと怪我に繋がります。ただそういった話は聞こえてきませんので、問題ないのでしょう。

次に走り込みに関してですが、フォームを固めても下半身が着いてこなければ意味がありません。よって走り込みも重要な練習となります。先日出た記事からは、走り込みに関することは書いていませんでしたが、やっていないはずはないでしょう。例えば宿舎から球場までの往復をランニングしたりという工夫は必要でしょう。ただカープのキャンプ地の日南市は、ホテルからキャンプが行われる球場まで片道約1.5km/hと近いため、遠回りをしたり球場内をランニングしたりという工夫が必要となります。





九里亜蓮投手の大きな課題の1つに投球フォームがあります。
上の動画のように、投げるたびに微妙に体重移動もリリースポイントも違います。動画では見えにくいのですが、右足の着地点が前後方向に微妙にずれているのでしょう。
また一番触れておきたいのが、テイクバックの時の力感です。脱力感にかけて、テイクバック時に何らか荒々しさも見えます。テイクバックはできるだけ脱力感が出るフォームの方が、フォーム全体的な「しなり」が効いてきます。しなりが効けば、腕を振るときに余計な力が抜けたフォームになります。すなわち、フォームから力みが消え、制球も球速以上のボールの伸びも出ることになります。
投手にとっては「力みは百害あって一利なし」と言えます。制球を不安定にさせ、球威を減衰させるばかりか、肩や肘の故障の原因となります。プロ野球の投手の故障原因で一番多いのは力みであるでしょう。

九里亜蓮投手にはフォームを固定し、今オフの間に習得したフォームを自分のものにして、2015シーズンこそ先発ローテーションを守って2ケタ10勝を達成してほしいと願っています。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

トリプル3の達成を予感させる丸佳浩選手

今回注目していくのが丸佳浩選手です。2014年の丸選手は全試合に出場し打率.310(644-166)、19本塁打、26盗塁、出塁率.419、OPS.910という素晴らしい成績を残してくれたと思います。ほぼ全試合3番で出場し、8/31から3試合は4番も経験しました。名実ともに9回を代表する左バッターになったと思います。
上に挙げた数字は言うまでも素晴らしいの一言になります。ただ今回は下記の2点の数字も取り上げたいと思います。

それは四球数(97でリーグ1位)とRC27(7.66でリーグ3位)です。RC27はセイバーメトリクスの考え方で、9イニングですべての打席を丸選手が立った場合(つまり丸選手のみから27個のアウトを取る場合)、そのチームは何点取れるかという指標です。

まず四球数ですが、後ろを打つバッターにも影響されます。後ろを打つのはエルドレッド選手ですから、ホームランバッターですが、調子にムラがあり絶不調の時もあり丸選手と勝負を避ける場面もみられました。しかしそれを差し引いても100個に迫る四球は評価するべき項目です。もちろん四球狙いのバッティングはいけませんが、打てるボールと打てないボールの見極めは必要です。

そしてRC27の7.66と言う数字は、当然長打が多い選手が有利になります。しかし丸選手が叩き出した、7.66と言う数字はパ・リーグのホームラン王であるエルネスト・メヒア選手と引けを取らない数字でありますから、評価されるべき数字です。

さて表題にトリプルスリーと書きましたが、2014年度の丸選手に足らないう数字は、盗塁があと4つ、本塁打があと11本ということになります。盗塁に関しては2013年に29盗塁を達成していますし、2014年も37個の企盗塁を記録しています。盗塁成功率が.703となり、ここはもう少し上げていきたいところです。ただ丸選手の走力を考えると、そこまで高いハードルではないでしょう。相手バッテリーの配球癖、投手の癖、捕手の癖をしっかり頭に叩き込んで行けば、達成可能な数字です。
ただ丸選手は3番打者ですので、後ろは4番のエルドレット選手です。エルドレット選手の長打率が.544ですので、盗塁はそこまで必要ではありません。4番打者が打席に立っている時の盗塁は嫌がる選手も居ますので、チームの理解は必要になります。

そういった意味では丸選手の最適な打順は1番なのかもしれません。高い出塁率、盗塁できる技術と9番が投手ですので、ランナーが残った2アウトの場面で打席が回ってくることもありますから、そこで本塁打が出れば複数得点になります。
過去に2002年の松井稼頭央選手のように1番バッターでトリプルスリーも達成した選手も居ますから、丸選手の1番も打順としては有り得る話しであると思います。

最後にホームランになりますが、丸選手の打球は引っ張る方向になるライト方向への打球が非常に多く、ホームランも19本中14本がライト方向となります。センター方向の打率が.276、1本塁打、レフト方向は打率.217、4本塁打となり、ここが課題といえば課題であります。
トリプルスリーを達成するバッターはやはりセンターから逆方向へも高打率を残します。ホームラン数もパワーをつけるだけではなく、センターバックスクリーンへ放り込むイメージがしっかり出来るかできないかで変わってきます。投手とのタイミングの取り方やバッティングフォームを工夫して、センターから逆方向への打率が上がっていけば、トリプルスリー達成は叶っていくと思います。





動画を2本貼らせていただきました。上の動画が2010年のバッティングフォーム、下の動画が2014年のバッティングフォームです。見た目で変わった部分はバットの構え方です。2010年はバットを寝かせた状態で構えていましたが、2014年ではバットを立てた状態で構えています。
2014年の構え方の方が、バットの出方が素直なのがわかります。2010年はスムーズに出すぎて少々遠回りしてバットが出てきています。丸選手のマットコントロールの技術からすればバットを立てて構えて寝かしながらバットを出す方が、遠回りせずスイングの際の遠心力を抑えながらスイングができるようです。このバッティングフォーム改造が功を奏したと言っていいでしょう。

2本目の動画のように、しっかりボールを引きつけて一気にインパクトができるような技術を持っている丸選手ですから、トリプルスリーの期待がかかります。2002年の松井稼頭央選手以来となるトリプルスリー達成、2015シーズンの目標はこれになるでしょう。是非とも達成できるよう頑張って欲しいと思います。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

ドラフト1位 野間峻祥選手の可能性

先日のドラフト会議で、カープから1位指名を受け、交渉権を獲得したのが野間峻祥選手(中部学院大)です。惜しくも早大・有原投手を外してしまいましたが、ハズレ1位とはいえ新人王を獲得できる可能性の高い選手を獲得できたと言っていいと思います。





今日の記事では野間選手の特徴を少しずつ書いていきたいと思います。
まず書かなければいけないのが走力でしょう。ドラフト会議前から、野間選手の足については非常に評価が高かったことは有名です。
まず1塁到達タイムを見ると、私の実測値ですがだいたい4.0秒前後となります。平均すると4.0秒を僅かに切るくらいかと思います。プロ野球選手で俊足の選手ですと、3.7秒台で走る選手も居ますので1塁到達タイムは特筆するレベルではありません。左打者として「速い方」と言った方が良いかもしれません。

野間選手の走力で特筆していきたいところは、バットに当たってから3塁へ到達するタイムです。これも私の実測値ですが、11秒を少し超えるくらいの数値で走っています。一般的に3塁到達タイムが12.3秒を切ると「俊足」と言われますが、それよりも1秒以上早く三塁へ到達できることになります。現役のプロ野球選手でも11秒を切る選手はまれですから、左打者としてもかなりの俊足といえるでしょう。

1塁到達タイムが「速い方」で3塁到達タイムが特筆レベルということは、いかにベースランニングが上手いかということになります。実際のところ野間選手のベースランニングの技術は大変高いものがあるのでしょう。そうでないと11秒少々という3塁到達タイムは出てきません。
野球における走塁は、陸上選手のように直線やトラックを走る技術と別になります。極論を言うと陸上選手が野球の代走で出ても走力を発揮することはできません。野球の走塁は打球判断など、走力意外の部分も求められます。特に3塁到達への走塁は打球の行方を追いながら走ることになりますので、当然絶対的なスピードは直線を走るよりも落ちます。そのような中で11秒少々の3塁到達タイムは特筆に値するでしょう。


当然3塁へ到達するタイムが早くても、打力が無ければ出塁することができません。
打撃に関してはどのくらい適応していくのか、これは見なければいけません。しかし現段階で野間選手の打撃を見ていくと、1つの特徴が見えてきます。それはバットをスイングするときの頭の動きです。軸がしっかりしているというか、スイングするときに頭のブレが全く無く、ボールにバットの力が無駄なく伝わっているのがわかります。頭のブレと書きましたが、具体的に書くと頭が上下の動きをしてしまうことです。頭が上下に動いてしまう要因としてはいろいろありますが、テイクバックが遅かったり、スイングの時の目線がボールを見ていなかったりといろいろな要因があります。
実際に野間選手がどんなフォームか詳しくはまだわからない部分もありますが、テイクバックは非常に綺麗です。素直にキャッチャー方向へテイクバックを取れていますし、遅れもありません。またボールを引きつけて打てていますので、打ち損じがないのも特徴です。そこまでの長打力はありませんが、これは上に書いたような走力でカバーしている部分があります。打撃フォームを見ると、カープOBの前田智徳氏を連想させるようなきれいなフォームであります。つまり長打力でなく、ミート力に優れたバッターということになるでしょう。

これだけきれいなフォームを持ってすれば、余程の変則左腕でなければ左投手相手でもそこまで苦労しないでしょう。あとは盗塁技術を身に付けていけば盗塁王のタイトルも夢でないはずです。外野手登録ということですが、カープの外野手は非常に激戦です。左打ちの外野手では丸佳浩選手も居ます。
将来的には首位打者や盗塁王といったタイトルを取っていける選手になれるはずです。また1年目である2015シーズン、試合に出ることができれば新人王を取れる可能性も秘めているはずです。どのくらいやってくれるのか、非常に楽しみな選手であります。注目してみていくべきでしょう。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/