2015シーズンのクローザー候補

カープの来シーズン、1つのポイントになりうるのがクローザーであります。まず広島球団はキャム・ミコライオ投手を解雇する旨をミコライオ投手の代理人に伝えるようです。つまり来シーズンの契約を延長しないということになります。まずミコライオ投手、2012シーズンからカープに加入し、3シーズン連続で20セーブ以上という素晴らしい成績を残してくれたと思います。2014シーズンに関しても51試合、47回2/3を投げて1勝1敗25S、防御率2.45、WHIP1.20と素晴らしい成績を収めてくれたと思います。しかし来シーズンは先日書いたようにジョンソン投手を始め、ザガースキー投手など外国人選手の獲得を進めました。1軍に出場できる外国人枠は4名ですので、2015シーズンはミコライオ投手を1年間通じて1軍に置けなくなってしまう可能性もあります。

成績を詳しく見ていくと2014シーズンは終盤に来て、非常に不安定なピッチングであることが多く、安心して最終回を任せられる状態で無かったことが要因と見られます。個人的に気になる数字がミコライオ投手の奪三振率になります。来日1年目の2012年には8.38と言う数字でしたが、2013年には6.12、2014年には5.48まで落ちてきてしまっています。もともと三振が取れる投手でありますし、クローザーであれば奪三振率も重要です。一打同点、逆転の場面で三振が取れる投手でないと、1点差の厳しい試合を逃げ切ることが難しくなってしまいます。もちろん例外はありますが、2014シーズンの奪三振率5.48はやはり問題にしなければいけない数字です。もちろん新球種を習得しピッチングスタイルに変化が出たり、捕手の配球が変わったりと言う部分も否定できませんが、2年前のシーズンから奪三振率が3も後退してしまったことは無視できません。2015シーズン以降のこれまでと同じような数字を残せるかと言えば、厳しいと言った方がいいでしょう。また2014シーズンの年俸は推定1億2000万円と高額ですので、ここは新外国人投手を獲得したほうが得策だと思いますので、広島球団の判断は間違っていないと思います。

そこで2015シーズンのクローザーは誰を抜擢するか、これは今後の秋季春季キャンプでの競争になってくるはずです。もちろんリリーバー型の新外国人投手であるザガースキー投手や2014シーズン途中加入したヒース投手が候補に挙がってくるでしょう。ただ個人的には日本人投手のクローザーの誕生を期待していきたいと思います。サファテ投手、ミコライオ投手と外国人投手がクローザーを務めてきたカープですが、今後長期間クローザーを務めていくために、日本人投手の抜擢をそろそろしていきたいところです。2015シーズンは緒方孝市新監督が就任しますので、チームを変えていくためにはちょうどいいタイミングであると思います。

個人的に日本人投手でクローザーに推したいのは中崎翔太投手です。
2014シーズンは1軍で43回2/3を投げて防御率3.92とすべて救援投手として32試合に登板しました。2014シーズン、7月以降リリーバーとして大活躍してくれたと思います。まず2014シーズン大きく変わった点はストレートの球速球威が2013シーズンよりも増したため、1軍で通用するボールになってきたと思います。ストレートの最速が152km/hまで上がってきましたし、球威も出てきてくれたと思います。
2014シーズン、ピッチングフォームにほんのすこし変化が見られました。それは投球動作の際にヒップファースト型のフォームになり、それにより球速が4km/h前後速くなりました。一般的にヒップファースト型のピッチングフォームになるとリリースからフィッシュの部分が安定せずに制球に苦労する場合があります。より早く体がマウンド側に引っ張られるためです。しかし中崎投手のフォームは首と右肘の高さがちょうど同じくらいの高さから出てくるのが特徴ですので、そこまでリリースポイントからフィッシュのブレは少ないでしょう。よってヒップファースト型のフォームにしても、制球面でのリスクは少ないはずです。

また宮崎日南での秋季キャンプではフォークボールを習得しているようです。これまでこれという決め球が無く、そこまで三振が取れる投手ではありませんでしたが、決め球になりうるフォークボールが習得できれば、一気に奪三振率も上昇する可能性を秘めているでしょう。そうなるとクローザー適性で必須な速いストレート、奪三振率、この2点がクリアされクローザー候補に名前が挙がることになるでそうです。
もちろん新外国人投手であるザガースキー投手、ヒース投手、また一岡投手という名前も挙がってくるはずです。これらの投手との競争に勝つ必要があります。ただ中崎投手が一歩レベルアップすることで競争に勝つ可能性も十二分にあるでしょう。今シーズンオフは、中崎翔太投手に注目していきたいと思います。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

先発陣の一角を期待されるクリス・ジョンソン投手

カープが2015シーズンの新外国人左腕投手として獲得を発表したのが、クリス・ジョンソン(Kristofer Michael Johnson)投手です。



ジョンソン投手は2006年ドラフト1巡目、全体の40番目でボストン・レッドソックスに入団。2011シーズンの後半は独立リーグでプレーするものの、2012年と2013年はピッツバーグ・パイレーツでプレーし、2014シーズンはミネソタ・ツインズでプレーしました。メジャーリーグでは未勝利ながら、AAAでは実働6年で36勝41敗防御率4.46という数字が残っています。また2013シーズンと2014シーズンの2シーズンに数字を絞っていくと、2013シーズンのAAAで26試合に登板し投球回数135回2/3、防御率2.39、WHIP1.17、10勝4敗という数字が残っています。

またツインズへ移籍した2014シーズンはAAAで先発のみで23試合の登板、投球回数132回、WHIP1.29、防御率3.48、10勝7敗という成績を残しています。AAAながら2013シーズン、2014シーズンの2年連続で2ケタ10勝を達成しています。この部分は非常に高い評価をすることができます。

しかし防御率を見ると2013シーズンから2014シーズンで1点以上悪化していることになりますので、この部分は気になるところでしょう。敗北数が増加している分、防御率も上昇したと考えるべきでしょう。
タイプとして奪三振率の平均が6~7を切るくらいの数字になりますし、被打率を見るとここ2年は.230台です。よって奪三振を取るタイプではなく、ゴロや凡フライを打たせていくタイプと見るべきでしょう。この辺りは左右の違いはあれどバリントン投手にタイプとしては似ている部分があります。

AAAの数字を確認していくと、仮に9回完投すると四球を4個から5個出す計算になります。これはゴロアウト投手であるが故に、低めのボールを見切られたり手が出ないがためにボールになり、四球を出している可能性が高いでしょう。ピッチング動画を見る限りは荒れての四球は少ないように思えます。よって心配は必要ないと思いますが、日本球界の打者はアメリカ以上に選球眼が良いのでこの部分はNPBでどのくらいの数字になるかは注視していく必要があるでしょう。

ピッチングスタイルとしてはストレート、ツーシーム、スライダー、チェンジアップのようです。球速は平均すると150km/hを多少下回るくらい、最高球速としては153km/hだそうです。日本球界ではボールが速い部類になるピッチャーでしょう。よってマイナーリーグでは奪三振率が6~7でしたが、日本球界ではもう少し高くなるかもしれません。
また持ち球のツーシームになりますが、軌道を見ると横変化だけではなく縦の変化もあるようです。シンカーやスクリューボールに近い軌道で落ちていくようなツーシームになります。ツーシームという球種で表現されていますが、シンキング・ファストボール(スクリュー)と言っても良いかもしれません。縦の変化もある速球になります。この軌道の速球を投げる投手は日本球界ではなかなか居ませんので、どのくらい通用していくか非常に興味があります。アメリカ球界ではゴロを打たせるボールだったようですが、日本では空振りを取っていけるのか、アメリカと同じようにゴロになるのかは投げてみないとわかりませんし、日本球界とアメリカ球界では使用球の違いで軌道が変わることもあります。
また決め球としては上に書いたシンキング・ファストボールとスライダーになるでしょうか。スライダーはカウント球でストライクを取るスライダーの大まかに2種類を投げます。ここはバッテリーを組む捕手陣が最適なボールを選択していくことになるでしょう。


最後にピッチングフォームに関して書いていきたいと思います。
ジョンソン投手は一般的なオーバースローではなく、スリークォータ気味のフォームという事が言えます。フォームに力強さは見られませんが、逆に言えば脱力感がみられます。特に特筆したいのがテイクバック時の脱力感です。テイクバックの際に左腕が後ろ側に下がりますが、その下がり方が非常に力が抜けて良い動作であると思います。またテイクバックのスピードがゆっくりでありますが、150km/h近い速球を投げ込んできますので、タイミングはどちらかと言うと取りにくいフォームになります。よって打者の振り遅れや空振りを取れる確率が高いでしょう。つまり脱力の利いたフォームから速球を投げ込んでいくことで、ボールを余計速く見せたり、スイングのタイミングを遅らせたりする効果で、バットの芯を外してゴロを打たせていくピッチングスタイルが武器と言えるでしょう。

この動画では判断できませんが、ランナーを出した際にクイックモーションでの投球がしっかりできるのか、牽制球の技術はどうかという部分が気になるところではあります。しかし総合的にはレベルは高く、日本球界でも活躍できる可能性を秘めている投手です。もちろん先発での起用になるはずですが、うまくいけば2ケタ10勝も期待できるレベルの投手であると見ています。
来シーズンどのようなピッチングを見せてくれるのか、楽しみにしていきたいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

CSファーストステージのポイント

昨日、読売ジャイアンツがDeNAに勝利し、同時にカープが敗戦となった為、セリーグ3連覇を決めました。一時期は非常に調子を落としたジャイアンツですが、ここ一番の強さは見事であったと思います。足りない部分の補強、若手の台頭、外国人選手の活躍もありましたが何と言っても原辰徳監督のチーム作りがここまでのチームを作ったと言っていいと思います。原監督初め読売球団関係者の皆様に敬意を表したいと思います。リーグ3連覇、おめでとうございます。

さて同時にカープも2年連続となるCSファーストステージ進出が決定致しました。まだ順位は確定していないですが、ファーストステージからの出場は決定しています。今日はファーストステージの戦い方に関して書き進めたいと思います。
まずファーストステージでは先発投手の起用法で大体の展開が決まります。つまりファーストステージに先発する3名の先発投手をまず選ぶ事から始めます。

前田健太投手
デュアンテ・ヒース投手
大瀬良大地投手


の3名になるかと思います。

対する阪神タイガースは
ランディ・メッセンジャー投手
藤浪晋太郎投手
岩田稔投手(能見篤史投手)

阪神タイガースはAクラス決定していませんが、残り1勝でもすれば決定となりますので、CS進出と見て間違いないと思います。

となるかと思います。
ただ順位が決定しておらず、マツダスタジアムでの開催か、甲子園球場での開催かは分かりません。開催球場によっては投手の相性も絡んでくると思いますので多少変わってくると思いますが、上に挙げた投手と見て良いでしょう。前回の記事で「何としても広島でCSを」と書きましたが、ファーストステージはアドバンテージがありませんため、戦略的には影響はありません。もちろんサヨナラの有無はありますが、前回の考えは球団の営業的な側面が強いと思って頂きたいと思います。

CSファーストステージは3試合制ですので、もちろん先手必勝となります。ただ考えた方によっては「1つ負けられる」と考えても良いでしょう。言い方は悪いのですが、上に挙げた3名ずつの中で「誰が一番勝てる可能性が低いか」をまず考えます。これは直近の成績を踏まえての判断になりますが、これはこの記事を読まれる皆さんの想像にお任せします。ただカープの場合には前田健太投手は絶対的な投手であるため、間違いなく軸になるでしょう。
本題は「1番勝てる可能性が低い投手」をどこで起用するのか、これが一番のカギになると思います。単純に調子順に起用し、3戦目で「1番勝てる可能性が低い投手」を起用する戦略もあります。しかし1戦目2戦目のどちらかを万が一落とした場合、非常にリスキーな戦力であると思います。例えば2戦目で「1番勝てる可能性が低い投手」を起用し、1敗を計算しておく戦略を取る戦略もあるでしょう。

つまり前田投手で1勝を狙いあとの2戦で1勝を考えるのか、2連勝を狙うのか、これは分かりません。カープ首脳陣の考えによって変わるでしょう。
阪神タイガースも同様です。ただタイガースは1戦目が前田健太投手が登板する可能性が高いですので、2戦目3戦目で勝負を賭けている来るかもしれません。ただ甲子園球場での開催になった場合、メッセンジャー投手の甲子園球場での防御率が2.39となるので、前田投手と勝負を賭けてくる可能性もあるでしょう。CSファーストステージは超短期決戦ですので、カープとタイガース両チームの読み合い、状況に応じた戦略を立てる事ができるか否かで勝敗が変わってきます。これも大きな楽しみの1つです。

とにかくCSに向けた戦いは始まっていると言って過言ではありません。スコアラーの皆さんは阪神タイガースに張り付き、何か戦略上のポイントになる事が無いか、選手のクセは無いか、采配の傾向などのデータをすべて集めて欲しいと思います。スコアラー全員を阪神タイガースに集めるような形でも良いでしょう。ファイナルステージの事を考えると足元をすくわれますから、ファーストステージで如何に2つ勝つか考えるのに全力を注いで欲しいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/
こちらは毎試合ゲームビューを書いております。よろしければお立ち寄りください。


広島東洋カープ ブログランキングへ
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/