前田健太投手にとって非常に意味のあるカットボールの習得

前田健太投手が「新球」としてカットボールを投げ始めたのは、6月19日のイーグルス戦でであったでしょうか。今までもカットボールを投げたことはあるものの、1軍のマウンドにおいては初めてとのことです。前田健太投手がカットボールを習得した理由を「思いつき」と発言していましたが、到底「思いつき」では無いという事は言えるかと思います。

まずカットボールに関して簡単に書いていくと、ストレートの握りよりも少々握る場所をずらし、ボールを投げる際に、カッターのように斜めにボールを切るように投げることで、ストレートを少々曲げ、またスライダーよりも曲りが小さいという、つまりストレートとスライダーの中間のような球種です。
更にはカットボールの中でも「縦カット」や「スローカッター」、「ジャイロカッター」という派生の球種もあり、それぞれ特徴の違う曲がり方をします。
前田健太投手のカットボールはオーソドックスな「縦カット」で、つまりストレートに少々変化を付けることで、打者の芯を外すことを目的をしているボールになります。

前田健太投手の持ち球は豊富です。ストレート、カーブ、スライダー、ツーシームシュート、それにカットボールが加わる形です。
大きく分けるとストレート系のボールであるツーシームシュート、純粋な変化球系であるカーブ、スライダーという具合です。

前田健太投手がカットボールを習得する意味を考えていくことになりますが、ツーシームという球種は右打者の内角へ食い込む球種(つまり横の変化)となります。そしてカットボールは同じストレート系の球種ながら縦方向に小さく沈む球種になります。またツーシームとカットボールの球速はそこまで変わりません。
つまり、タイミングを外すストレート系のボールが横方向(ツーシーム)と縦方向(カットボール)両方使えることになります。似た球速のボールを縦横で投げ分けることによって、相手打者としてはどちあも想定しなければいけなくなり、非常に的が絞りにくいボールになるでしょう。

ただ習得したカットボールを頼りすぎてしまう事は禁物で、どのカウントどの場面で混ぜていけるかが非常に大きなポイントになるでしょう。つまりどこで、どういった打者に使うのかを考え、答えを見出すことが重要です。例えば、スイングの強い中長距離打者に関してはツーシーム次にカットボールを使い、ストレートと変化球のコンビネーションである緩急とは一味違った投球術を使ったり、1打席目は緩急で、2打席目はツーシームとカットボールでという形で打席によって違う攻めをしたりと、非常に投球幅は広がるでしょう。

また前田健太投手の場合、将来挑戦するであろうメジャーリーグ(MLB)での投球を意識することになるかと思います。前田健太投手がメジャーリーグで活躍できるか否かは正直分かりません。
メジャーリーグで挑戦するには前田健太投手は小柄です。と言っても182cm身長があるのですが、メジャーリーグの投手は190cm以上の身長がある投手が非常に多く、182cmでもメジャーリーグでは小柄という括りになるでしょう。
よってパワーで押し切る投球をしようと思っても、メジャーリーグの各打者も大柄のため、投げ下ろすことは不可能になります。そうなると1つでも多くの投球パターンを持ち、より多く投球スタイルを確立することが重要です。当然そのためには投げられる球種は多い方がいいでしょう。
カットボールはメジャーリーグの投手でも投げる投手が多く、メジャーリーグの各打者はパワーヒッターも多いので、芯を外すカットボールは非常に大きな武器になるかもしれません。

カットボールの習得は、前田健太投手にとって非常に大きな武器になるはずです。日本プロ野球界での活躍はもちろん、近い将来はメジャーリーグで大活躍する姿が見られることを期待したいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき 〜埼玉西武ライオンズファンブログ〜
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

2014.06.27 vs 横浜DeNAベイスターズ

2014.06.27 18:00開始 at 横浜スタジアム
DeNA●0-6○広島東洋
【勝利投手】前田健(7勝4敗0S)
【敗戦投手】井納(8勝4敗0S)



最下位に終わってしまった交流戦が終わり、このゲームからリーグ戦が再開となります。その重要な初戦を任されたのがカープのエースでオールスターゲームにファン投票選出された前田健太投手です。
結果として7回を被安打3、与四球2の114球無失点でチームの勝利を呼び寄せてくれました。交流戦は5連勝で締めることが出来ましたが、リーグ戦再開となると、流れも変わるものですが、勝つべきエースがしっかり勝ってくれたことはまず大きいと思います。
前田健太投手に関しては特に書くことは無いでしょう。中5日での登板であったにも関わらず。素晴らしいピッチングで流れを作ってくれたと思います。



今日は最終回に登板となった今村猛投手に関して書き進めたいと思います。
点差は6点と開いていた最終回ですので、そこまでのプレッシャーではなく、俗にいう「楽な場面」での登板になりました。結果として1イニング三者凡退、わずかに6球で試合を締めてくれましたが、これは結果オーライと言わざるをえないでしょう。ボール自体全体的に荒れていて、倉捕手の構えたところになかなか制球できていないように見えました。
ストレートの球威や球速に関しては問題なかったと思いますが、制球に関しては少々様子を見ていく必要があると思います。ストレートに関しては球威で押せるので、ストライクゾーンを大きく外れなければ基本的には問題ないでしょう。このゲームに関してもそうでした。グリエル選手の初球だけは少々内寄りに外れましたが、これだけの球威があれば問題ありません。むしろ制球を気にしすぎない方がいい結果になるはずです。
ただしこのゲーム、スライダーの制球ミスが気になります。後藤選手に2球スライダーを投じましたが、いずれも少々抜け気味のスライダーでありましたし、バルディリス選手に投じた2球目のスライダーも、外角よりのコースなのは幸いしましたが、抜け気味のスライダーでありました。
このあたりは、少々調整不足も否めない部分かと思います。ただ1軍での登板数をこなしていけば落ち着いてくるでしょう。それまでどう起用していくか、1つポイントになりうる部分かと思います。



最後に野手で目についた田中広輔選手に関して書いていきたいと思います。
交流戦終盤から当たりが出るようになり、ヤフオクドームでのゲームだったでしょうか、逆方向レフトへのフェンス直撃の長打も放っていました。このゲームでもアウトローのボールを逆方向レフトへヒットが出ました。結果こそ1安打でしたが、非常に内容のある打席だったと思います。
少々技術的な話になりますが、田中選手の良い所は一見体が大きくパワーで打っているように見えます。もちろんパワーもあるのですが、それ以上に下半身の粘りが素晴らしいと思います。身長は171cmと小柄ながら、逆方向への距離が出るということは下半身が強靭でないとできないバッティングです。
上の動画はこのゲームのものでありませんが、2分ちょっと過ぎを見て欲しいと思います。バッティングとしては崩されているのですが、センターオーバーの長打になっています。センターが前進守備だったためでもありますが、これだけ崩されてもあの距離を飛ばすことができるは、インパクトの時に体重がしっかりとかかっていて、非常にバランスの良いフォームなのです。またバッティング自体は崩されていても頭部のブレが殆どありません。頭部が前後方向にぶれてしまうと、一気にバランスを崩してしまうのですがそれがありません。
このブレの少ないフォームを維持できるのも、下半身の強靭さが大きいと見るべきでしょう。ルーキーでこれだけ強靭な下半身を持っているということは、おそらく相当な走りこみを行ったのでしょう。このフォームを維持できれば、いい打撃成績がついてくるはずです。今現在の打率は.253ですが、シーズン終了時には打率.280、12本塁打くらいの成績を残せる力があると思います。
堂林選手が復帰すれば、サードのライバルが増えると思いますが負けないような活躍を期待したいと思います。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

カープ 2014年度日本生命セ・パ交流戦総括

カープの2014年度日本生命セパ交流戦は、9勝15敗と残念ながら最下位の12位という形で終了となりました。毎シーズン交流戦は鬼門となっており、今シーズンも苦しい試合が続いたように思います。加えて怪我人も出ているので、思った通りのメンバーで思ったとおりの野球がなかなかできなかった部分もあるでしょう。
毎年のように交流戦で苦戦するということは、何か改善しなければいけないところもあるでしょう。例えば、日頃対戦しないパリーグ球団の情報をカープ球団はどのくらい持っているか、つまりスコアラーなど情報収集部隊に充分な人数が配分させているか、確認する必要もあるでしょう。今や交流戦は前半戦の1つの大きなポイントとなっているので、別リーグということで無視することはとてもではないができないはずであります。

まて前置きが長くなりましたが、少しだけ交流戦を振り返ってみたいと思います。

【投手成績】
交流戦まで

試合数42 防御率3.41 WHIP1.24 被本塁打49(0.952本/1試合) QS率61.90% 失点159(3.78点/1試合)

交流戦
試合数24 防御率4.34 WHIP1.46 被本塁打16(0.666本/1試合) QS率41.67% 失点123(5.12点/1試合)



【打線成績】
交流戦まで
チーム打率.263 本塁打49(1.16本/1試合) OPS.751 盗塁25(0.59個/1試合) 得点199(4.73点/1試合)

交流戦
チーム打率.255 本塁打27(1.12本/1試合) OPS.726  盗塁14(0.58個/1試合) 得点85(3.54点/1試合)



まず好調であったリーグ戦との比較では、1試合平均の失点が1点少々増え、得点は逆に1点少々減っています。もちろん交流戦前までのカープは非常に好調だったこともあり、成績的に少し落ち着いたと見ることもできますが、やはり戦う上でこの差は厳しいものがあります。
投手陣ではQS率が20%も悪化してしまっています。前田健太投手の登板回避の影響や大瀬良大地投手に少々疲れが見えることも要因でしょう。カープの軸は前田健太投手で、その前田投手に復活の兆しが見えてきているのは非常に朗報ではないでしょうか。とある情報では前田投手は左脇腹を痛めていたようで、フォームの着地点やバランスが少々おかしいようにも見えました。ここは機会があれば詳しく解説します。
またリリーバーでも一岡竜司投手の抹消や開幕から引っ張ってきた投手陣に少々疲労の色が見えてきています。ここはシーズンの経験値が少ない投手も多いため、ある程度は仕方ないでしょう。
リリーバーに関しては状態を見極め、状態が悪くなれば休養を与え、回復すれば戻すといった投手マネジメントが今まで以上に必要になります。クローザーのミコライオ投手が安定してるため、セットアッパー陣のマネジメントに首脳陣は総力を注ぐべきでしょう。


続いて打線に関してはいくつかのデータを織り交ぜながら書き進めていきたいと思います。


①上位打線の出塁率
①上位打線出塁率

交流戦前と交流戦後のデータです。打率ではなく出塁率のデータを出したのは、クリーンアップ前に如何にランナーを溜められるかを見たかったためです。
菊池選手が上昇、丸選手が下降している事が分かります。交流戦中も特段良い数字では無いものの、3割後半の数字を残しており、1番2番(場合によっては3番)の出塁率は交流戦前後で特に変動なしと見るべきです。



②4番エルドレット選手の成績
②エルド打撃

交流戦前後で打率が大きく低下している事が分かります。
1試合当たりの打点はやはり低下していますが、打率の下降幅を考慮すると、エルドレット選手の打点の下降幅は思いのほか小さいのが分かります。


打線の結論としては、4番エルドレット選手の後ろを打つ5番バッター6番バッターの差が出ていると見るべきでしょうか。
交流戦中にキラ選手が離脱し、更には松山選手も怪我で離脱しています。やはりこの2名でエルドレット選手のフォローを行っていましたので、2人がいっぺんに離脱してしまったのが非常に痛い部分であります。

さてリーグ戦再開後にどうすれば良いのかと言う事ですが、これは簡単です。 
キラ選手や松山選手の代役になる5番バッター、6番バッターを探し出す事です。それが次の資料になります。


③5番6番バッター候補
③5番候補

以上の 4名の名前を挙げさせてもらいました。
ロサリオ選手は打数が少ないため、打率が異様に高くなっています。交流戦の最後はロサリオ選手を5番で起用しました。それがハマっていますので、暫くは相手投手の左右に関わらずロサリオ選手を5番で起用するべきです。
6番に関しては、相手が右投手の場合は木村選手、左投手の場合には廣瀬選手を起用し、岩本選手は調子によって起用していくのがベストな布陣ではないでしょうか。
もちろんロサリオ選手の打撃成績が今の好調な状態のまま推移するとも限りません。そうなると他の3名を5番で起用する事も充分あり得ると思います。 


カープのリーグ戦の戦いのポイントを握るのは5番6番バッターであると言っても過言ではありません。しっかりハマればジャイアンツを追撃する事も充分可能です。しかし上手くハマらなければ、一気に最下位近くまで順位を下げてしまう可能性もあるでしょう。
リーグ戦再開後、カープがどういった戦いをするのか楽しみにしたいと思います。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ
おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/