2014.09.17 18:00開始 at マツダスタジアム
広島東洋●7-9○読売
【勝利投手】久保(4勝4敗0S)
【セーブ】マチソン(6勝6敗27S)
【敗戦投手】中田(9勝8敗0S)



このゲームの結果、カープのリーグ優勝は厳しくなったと言わざるを得ないでしょう。残り13試合で首位のジャイアンツとは6ゲームの差をつけられています。この時期は3ゲーム詰めるのも容易ではありませんので、残念ながら厳しいと言わざるを得ません。
今後はジャイアンツとの差を詰めるために無理をしてはなりません。よって何としても2位を確保し、本拠地マツダスタジアムでのCSファーストステージ開催を勝ち取らなければいけません。3位タイガースも一時期はチーム状態が低下しましたが、そうそう負けるチームではありませんから、3位転落は何としても阻止しないといけません。


このゲームは1回裏に4点を先制するも、追いつかれ追い越しのシーソーゲームになりました。言い方を変えれば「シーソーゲームにしてしまった」と言うべきでしょうか。
先発はここまで4試合登板で防御率0.37と圧倒的な安定感を誇っているデュアンテ・ヒース投手でした。7月24日に契約を交わした途中入団の投手でありますが、非常にここまでよく投げてくれていると思います。
しかしこのゲームでは6回を投げて101球、被安打5、与四死球3で5失点という結果に終わってしまいました。先発投手陣が1年間完璧なピッチングをすることは不可能ですし、打ち込まれてしまうゲームもあるでしょう。これはどんなに一流の投手でもあり得ることですから、気にしなくていいと思います。

ヒース投手に関しては4点をもらった直後の2回表にすぐさま4失点をして追いつかれてしまったこと、これが大きなポイントになったと言わざるを得ません。
このイニングは1死から村田選手にライトへ打たれたツーベースヒットから、急にヒース投手の制球がおかしくなり、四球でランナーをためて痛打を許すという展開になりました。打たれたことに関しては特に村田選手の2ベースヒットは村田選手の打撃技術の高さが見えたバッティングでしたので仕方ないと思います。しかしそこからの四球は痛いと言えるでしょう。

つまりヒース投手としてはランナーを出して、セットポジションでのピッチングになった時の課題が見えました。このゲームで単純に調子が悪かったためにこのようなピッチングになってしまったのであれば心配ないでしょう。しかし後述するような課題をジャイアンツが見切って効力したのであればCSに向けた心配材料になると思います。

ヒース投手の投球フォームの1つの特徴として、テイクバックから腕の振り出しのタイミングが早いという特徴があります。簡単に言うとフォームが少々小さいのです。一般的なオーバースローの投手がワインドアップで投げるときには、極端な話テイクバック時に一呼吸置くようなそのような仕草が入ります。これにより打者から見ればタイミングが少々図りにくく、打ちにくいという事が特徴であります。もちろんボールは素晴らしいボールを持っているのですが、こういったフォームの特徴も一つの武器です。
当然このようなフォームでありますから、ヒース投手ののペースで投げられるうちは、なかなか打者としてはタイミングを図りにくく、クリーンヒットは出にくいでしょう。
しかしランナーを溜めてセットポジションピッチングになると、ランナーも気にかかりますし、クイックモーションで投げないといけません。そうなるとこの特徴的なフォームのバランスが崩れ、ボールのリリースポイントが狂ってしまっています。そして制球を乱して四球を連発してしまう事に繋がっているように見えます。TVを見た限りの感想ではありますが、セットポジションの時にはわずかながら左膝の出方が早いような気もします。これはヒース投手を球場で見る機会があればよく見てみたいと思います。

上にも書きましたが、一時的な不調であれば何も問題ありませんし、今後も好投を続けてくれるでしょう。
次回の登板でヒース投手がどう修正してくるか、楽しみにして今回のゲームビューを終えたいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ