戸田隆矢投手
は2014シーズン、先発とリリーバー両方経験し、30試合に登板、57イニングで4勝2敗、防御率3.32と言う成績でした。先発とリリーバー両方を経験してこの成績であれば、合格点を付けられる結果であったと思います。

その戸田投手が肉体改造に取り組んでいるようです。ウエイトトレーニングで体重が74kg→78kgに増加、その他にランニングなどのメニューもこなすようです。戸田投手は2015シーズン先発ローテーション入りを目指すようです。そのために細身の身体からの脱却のためにウエイトトレーニングとランニングに取り組んでいるようです。
もちろん先発ローテーション入りのために体重増加は必要です。戸田投手の身長は180cmで、体重が74kgとプロ野球選手にしてはかなりの軽量です。これは一般人の男性と同じレベルの体重になります。やはり先発ローテーションで1年間投げていくためには体重の増加も必要です。

またもっと重要な事はスタミナ面(体力面)の強化です。戸田投手が先発したゲームを鑑賞していくと、中盤以降にスタミナ切れを起こすシーンが目立ちます。先発ローテーションとして1年間活躍するために、ここは改善しなければいけない部分でしょう。最低限6イニングは投げて貰う必要が出てきます。

そのためには体力というよりは投手としてのスタミナをつけていかなければいけません。ではどうするべきか、と言うことになりますが、やはり走りこみと投げ込みです。
まず走りこみですが、スタミナ面の強化という意味では、例えば一定のタイムで500m、もう少し速いタイムで500m、全力で500mを1セットとして、これを3セットなどと量を決めて走り込みます。陸上競技の練習でビルドアップって言われているスタミナをつける練習法になりますが、これはプロ野球選手にしても有効でしょう。例えば5000m走のように、決まった距離を一定のペースでランニングするよりもスタミナをつけるという意味では効果的になります。

続いては投げ込みになりますが、これは量をこなしていくことが必要でしょう。以前にも書いたかとは思いますが、無理のかかるフォームで投げ込みを行った場合には故障のリスクが高くなります。しかし出来上がったフォームで投げ込みを行えば、戸田投手のように20代前半の投手であれば勤続疲労も少ないはずですので問題無いでしょう。よって投げ込み量が多いことは悪ではないのです。

フォーム自体はきれいなフォームをしていますし、ストレートの球威も魅力的です。左腕ということで先発ローテーションに入ってくれれば非常に心強いでしょう。あとは体力面とスタミナ面、課題を克服して2015シーズンこそ先発ローテーションの一角としての活躍を期待したいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ