カープも紅白戦やオープン戦、練習試合など重ねて、徐々に2015シーズンの全容が明らかになってきています。中でも注目はヤンキースからカープへ復帰した黒田博樹投手でしょう。私も黒田投手のピッチングを何度か見たのですが、他の投手に失礼な言い方かもしれませんが「格の違う投手」だと感じています。

新聞紙上などで報道されている通り、やはり注目するべき球種はツーシームです。現代の日本プロ野球においてツーシームの優位性は言うまでもないでしょう。鯉のぼり日記で書くのは初めてかもしれませんが、打者から空振りを取ることが必ずしも目的ではなく、打者の芯を外して凡打を打たせることが目的です(もちろんコースや高さによって空振りを取ることは充分可能)。

日本球界でもツーシームを投じる投手は最近増えてきました。
しかし黒田投手のツーシームは非常に精度が高いボールであります。まず制球面ですが日本球界にはツーシームを持っているけどどこに曲がるか分からない投手も居ます。しかし黒田投手の場合にはツーシームと言えどボールを曲げる位置、捕手に捕球させる位置を制御しながら投じているのがわかります。
具体的にはバックドア、フロントドアとメジャーリーグ風に言う曲げ方です。

まずバックドアとは打者から見て外角のボールゾーンから内側にわずかに曲げてストライクゾーンに入れる曲げ方、フロントドアとは内角のボールゾーンからわずかに曲げてストライクゾーンに入れる曲げ方です。フロントドアの場合には体に向かってくるので、死球を避ける要領で見逃す打者も多いでしょう。つまり打者の左右によって表現方法が逆になるわけです。
打者から見れば、ボール球だと思って見切ります。ところがストライクゾーンに曲がってくるのでストライクカウントとなります。フロントドアの残像を残しながら、次のボールでフォーシームストレートを投じてタイミングを外したりという投球術が有効でしょう。
今後鯉のぼり日記とレオ様にっきでは、バックドア、フロントドアのボールは「ドア系」表していきたいと思います。このドア系のボールを操る投手は日本球界では希少な存在です。打者も研究してくるとは思いますが、

もう1つ、メジャー時代にはほとんど投げなかったカーブも試しているようです。つまり緩急です。日本球界対策として新球も用意した球種です。日本球界のバッターも非常にパワーをつけている打者も居ますから、緩急で三振を奪うようなボールであるでしょう。
つまりフォーシームストレートからツーシーム、カッター系との組み合わせ、更にはカーブを混ぜての緩急でピッチングを組み立てていくのがメインの配球となるでしょう。
予想では13勝とか15勝という数字も聞こえますが、相手や打線との兼ね合いもありますので何勝という予想はできません。しかしカープや日本球界にもたらす影響は大きいでしょう。バリバリのメジャー仕込みのピッチングを野球ファンに楽しませてくれるはずです。期待して見ていきたいと思います。


他にカープの話題をですが、まず4番のブラッド・エルドレッド選手が右膝の半月板損傷のため米国に一時帰国し検査を受けることになりました。間違いなく開幕戦は間に合わないですし、長期離脱となるでしょう。緒方孝市監督は「1発に頼らない野球」を掲げていますが、しかし4番の長打力は相手投手の脅威になりますので、非常に痛い離脱です。代役の4番で誰を抜擢するのか注目です。私的には該当者がなかなか見つかりませんが、新井貴浩選手を代役に立てることが現実的ではないでしょうか。

リリーバー陣の出来など心配事は多いですが、今こそ緒方孝市監督のマネジメント力が試されます。今シーズンのセリーグは混戦で、優勝もあれば最下位もあるでしょう。カープがどういった戦いをするか、非常に注目して見ていきたいと思います。





↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ