カープ雑記

1軍外野守備走塁コーチに河田雄祐コーチを抜擢

少々前の話題となってしまいますが、新任の河田雄祐コーチが1軍外野守備走塁部門を担当することになりました。河田雄祐コーチはカープOBで1985年ドラフト会議で3位で指名を受け入団、1995年オフに西武ライオンズに移籍し、2002年に引退。2003年から2015年までの12年間、西武ライオンズで守備走塁コーチを歴任しました。2003年は2軍打撃コーチ職でありましたが、2004年からは2軍1軍の外野守備走塁専門で、コーチを11年間勤めあげました。今シーズンオフに西武ライオンズから残念ながら解任となってしまいましたが、古巣であるカープに復帰を果たした事になります。
私は幾度と無く西武ドームで河田雄祐コーチがサードベースコーチを務め上げる姿を見てきましたので、カープでもう一度コーチのチャンスを与えられることが良かったと思います。

河田雄祐コーチはライオンズでは主にサードベースコーチを務めてきました。1軍では2011年から2014年までサードベースコーチを担当してきましたが、今シーズンはオープン戦で何試合かサードベースコーチを担当したものの、開幕後は奈良原浩コーチがサードベースコーチを担当し、河田雄祐コーチはファーストベースコーチを担当するようになります。西武ライオンズでは今シーズン、田邊徳雄監督が代行から正式に監督に就任したため、田邊徳雄監督の判断であったと思います。
河田雄祐コーチのサードベースコーチとしてはミスが多く歴代監督も苦言を呈したこともありました。次の打者の打力を考慮すれば必ずしも無理をさせない場面が多いと思いますが、オープン戦でもセカンドランナーを無理して帰還させる場面でなかったとしても、ホームベースに突入させてアウトになってしまうミスが目立ってしまい配置転換になったのでしょう。ファンの間でも河田雄祐コーチの判断には少々首をかしげる場面もありましたし、私が書いている「レオ様にっき」でも度々指摘してきました。

河田雄祐コーチを招聘したカープ球団としてもこういった、西武ライオンズ時代の評価は調査済みであると思います。ただ西武ライオンズでの評価と広島東洋カープでの評価は当然違います。それは当然で西武ライオンズと広島東洋カープでは打線のメンバーが違います。
簡単に言えば西武ライオンズは打撃型のチームで、今のライオンズにおいて足のスペシャリストと呼べる選手がそこまで多くはありません。どちらかと言えばクリーンアップの長打を中心とした打で得点を取っていくチームです。
対してカープは走塁技術を前面に押し出したチームで、チーム内で走力のある選手がある程度揃っているチームです。ですから河田雄祐コーチの力量を西武ライオンズでは充分に発揮できない事もあったと思いますが、逆にカープでは河田雄祐コーチの能力が100%発揮できる選手達が揃っていると見るべきでしょう。それを踏まえて、カープ球団は招聘に至ったのだと思います。

またサードベースコーチではなく、ファーストベースコーチとして起用する可能性もあると思います。
ファーストベースコーチの主な仕事は、常にボールの位置を確認して、打者とランナーに指などで指示を出すこと、そして投手の牽制の有無、相手野手の守備位置をランナーに指示する、アウトカウントの共有などサードベースコーチとはまったく異なる役割です。ファーストランナーの盗塁サポートもファーストベースコーチが行います。
よって河田雄祐コーチをファーストベースコーチで起用する可能性もありますし、今シーズンの西武ライオンズではファーストベースコーチを担当していましたので、これでも良いのかもしれません。

また外野手の育成に関しても、カープには丸佳浩選手をはじめ、野間選手や鈴木誠也選手などの育成を託されることになるでしょう。今シーズンに課題を残したいろいろな場面を想定した守備位置の取り方や外野手個々のレベルアップの手助けをしてくれるでしょう。
河田雄祐コーチは非常に人当たりが良いコーチで、ライオンズの外野手からの信頼も厚いコーチでした。若い選手が多いカープでも選手に慕われる良いコーチになるはずです。西武ライオンズでの12年間の経験をカープで生かして欲しいと思っています。




↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

貧打と呼ばれた2015シーズンのカープ

今シーズン借金2の4位に終わってしまったカープですが、2016年度のコーチングスタッフは未だに発表になっていません。他球団の2016シーズンのコーチングスタッフが続々と発表になっている中で、CSに出場しないわけですからいち早く組閣を進めたいところです。
現段階で新井宏昌1軍打撃コーチの辞任が発表されていますが、それ以外のコーチ陣の去就、2016年の首脳陣一覧はまだ発表になっていません。いずれも近いうちに発表があると思いますが、基本線としては今シーズンのコーチ陣の大部分が残留する見込みでしょう。

まず辞任した新井打撃コーチでありますが、表向きには引責辞任と言われています。一言で打撃不振と言う形です。ただ「打てない」「貧打」という声を耳にしますがチームOPSはセリーグ2位の.681、得点はリーグ3位の506、本塁打はリーグ3位の105と貧打とは言い難い部分もあります。打撃で特筆できるのは3塁打数で32本はリーグ断トツで1位で12球団もマリーンズに次いで2位、優勝したスワローズの2倍となる32本を記録しています。やはり走力のある選手が多い点もありますが、3塁打は長打にならなければ当然生まれませんので、ここがカープ打線の特徴と言えます。
反面三振はリーグワーストの1082を数え、12球団で見てもライオンズの1194に次いでワースト2位の記録となっています。中でもシーズン100三振を超える打者が丸佳浩選手と田中広輔選手、90台が菊池涼介選手とエルドレッド選手と三振数上位でカープの選手が多く居るため、ここが新井コーチが言う「責任」であると思います。

もちろん主軸となる外国人打者にとっては、長打の副産物が三振であり、三振を減らす打撃を行えばホームランや長打も減ります。もちろん三振を減らすに越したことはないのですが、減らそうとして数字が落ちては元も子もありません。ですので個人的には主軸を打つような選手の三振数はある程度眼をつぶるべきではないかと考えています。
話を戻すと2015シーズンのカープが貧打と言われる所以はやはり丸佳浩選手菊池涼介選手の三振数ではないでしょうか。主に1番2番のコンビを組んだこの両選手ですが、三振数が2名合計で225個でした。特に丸佳浩選手の三振数は143個と2014シーズンの95個から大きく増加してしまっています。また出塁率も5分程度落として.361と三振数がそのままマイナスになってしまっているようなイメージです。

例えば上位打線の1番2番で三振が多くなってしまうと、1番が出塁して無死1塁としても、2番打者が三振でそのまま1死1塁となってしまいます。しかし2番打者が仮にセカンドゴロであったとすれば、進塁打となり1死2塁となります。そこでクリーンアップに1本ヒットが出ればこれで1点です。比較的投手陣が整備されているカープにおいて、1点1点の積み重ねが勝利をぐっと近づけられると考えています。よってカープの1番2番の上位打線を打つ選手に関しては三振を減らして、アウトになるのでもランナーを進めるような打撃ができるようになるか、これが来シーズンへのポイントになるでしょう。

では三振が増えてしまった要因とすれば、もちろん年によっての調子の上下はあると思いますし、たまたま2015シーズンが振るわなかったのかもしれません。
しかし今シーズンの打撃を見ていくと、どうやら相手バッテリーの配球をどうも読み切れずに狙い球がずれたボールに打ちに行ったり、それによってタイミングが外れて三振に倒れてしまっているシーズンが多いように感じます。もちろん全てが全てではありませんし、相手バッテリーとしても攻め方は毎年変わることはよくあることです。

ただ相手バッテリーの情報をもう少し多く頭に入れて打席に入っていれば、という打席もあったのは事実でしょう。得意ボールやウイニングショットの軌道をしっかりと頭で整理して打席に入れていれば防げる三振もあったのではないかと思います。
そういったところのアドバイスができなかったこと、これが新井コーチが感じた責任の一部であるのではないかと思っています。
緒方孝市監督と新井宏昌コーチとの不仲説はシーズン中にもささやかれました。相手バッテリーの分析などをどのコーチが担当していたかはわかりません。ヘッド格であった永田コーチかもしれません。カープとしてもスコアラーが持ってきた情報を分析できる打撃コーチ、もしくは作戦コーチを立てる必要があると思います。現場トップは緒方孝市監督なのですから、緒方監督がやる野球を理解できるコーチを招聘することが重要です。なおかつ分析や作戦面で采配をサポートができるコーチを置くべきであると思います。
後任は迎祐一郎打撃コーチ補佐がチーフ格に就任するのか、もしくは外部から招聘するのかはわかりませんし、情報も出てきませんが、1名補充することになるでしょう。
来シーズンは1番2番の三振を減らして、出塁率を高めて真の意味での強力打線を構築して行って欲しいと思います。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

浮上の切り札のなるリリーバー大瀬良大地投手

今シーズン6月10日のライオンズ戦からリリーバー転向したのが、大瀬良大地投手です。ここまでの救援投手としての成績は8試合を投げて防御率4.15と数字上は芳しくありませんが、ここ4試合は無失点でセットアッパーとしての役割を果たしてくれていると言っていいでしょう。
救援投手転向してすぐの登板では、やはり登板間隔も影響していると思います。先発投手としての最後の登板となった6月3日マツダスタジアムで行われたファイターズ戦でこのゲームでは122球投げています。そこから中6日の6月10日、西武プリンスドームで行われたライオンズ戦でリリーフ登板デビューを果たしますが、この中6日の間隔で先発からリリーバーへ配置転換をして調整を行うのは、やはり酷な話しであると思います。

先発とリリーバーでは当然調整方法も違います。これはチームによりけりなのですが、リリーバーの場合には遠征先のホテルを出る時間や、球場入りする時間も違いますし、肩の作り方、ブルペンへの入り方など先発投手とは全く違います。単純に先発からリリーバーの転向なのですが、簡単ではありません。
ですのでリリーバー転向直後は、影響もあったのでしょう。不安定なピッチングも見られましたが、ここ数試合はようやくリリーバーとしてジャストしてきたと見ています。

大瀬良大地投手をリリーバーへ配置転換する目的は、もちろんチームのリリーバー陣に怪我や不調な投手が出てきているためですが、大瀬良大地投手にとっても1イニングで全力で腕を振ることを思い出すきっかけになると思います。
今シーズンの大瀬良大地投手は先発ローテーション入りをしている時でも、9試合でQS率が44.44%で防御率は3.43と悪くはないもの、9試合で973球を要しています。つまり先発登板しても5回ないし6回で100球に到達するケースもあり、やはりこれは大瀬良大地投手の実力からすると少々物足りない成績であると思います。
もちろん2年目のジンクス、打線の援護がなかなか無かったという要因もあるでしょうけれど、本来の姿ではないでしょう。
まず大瀬良大地投手が本来の姿を取り戻すためには、まずは腕を強く振ることでしっかりとボールを投げ込むという意識をつくることが大切でしょう。なかなか勝てない時期が続くと、大事に行こうという考えからかどうしても腕が振れなくなってしまいます。そこで短いイニングを任せることで、基本である「腕を振るという感覚」を大瀬良投手の体に覚え込ませることで復調と更なる成長を促す目的はあるはずです。
大瀬良大地投手が今後、リリーバーとして生きていくのか、ある程度の段階で先発に戻るかは分かりませんが、リリーバーの経験は非常に大きな財産になるはずです。気持ちの部位として先発が降りたとのリリーバー陣がどういった気持ちでマウンドに上がるか分かるからです。先発に戻ったとしてもその経験は生きるでしょう。

現段階では大瀬良投手の配置転換は成功とみるべきですが、まだリリーバー適正があるか無いか判断できませんし、まだ判断するべきではないでしょう。幸いながらカープはセリーグ他球団に比べ先発投手も安定していますし、総得点も現段階でリーグNo1です。つまり大瀬良投手を配置転換が成功すれば、比較的弱点であったリリーバー陣が安定するでしょう。リリーバーは不思議なもので1人が安定しだすと、全体が安定します。先発はそうではありません。これから浮上していくにあたって非常に大きなカギを大瀬良投手が握っていると言って過言ではないと思います。

プロ2年目の大瀬良投手をリリーバーに配置転換することは、非常に勇気のいることであると思います。その決断をした、畝投手コーチ、緒方監督のファインプレーであると現段階では思います。
エルドレット選手の復帰が思ったよりも早く、その分チームの復調も思ったより早かったと個人的には感じていますし、混戦のセリーグを抜け出して首位を走る様なチームになってほしいと願っています。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

一岡竜司投手が登録抹消

私が2015年初頭に書いた一岡竜司投手に関する記事のアクセス数が未だに非常に多い状態にあります。もう半年前ほどの記事になるのですが、やはりこれだけ多いということはそれだけ一岡竜司投手に関する関心の高さかと思います。
さてその一岡投手ですが、先日21日に出場選手登録を抹消されました。今シーズンの成績は15試合に登板し14イニングで失点12(自責点11)、防御率は7.07という数字です。抹消前の20日に行われたドラゴンズ戦に登板しますが1イニングで3安打1四球を許して4失点という結果に終わりました。この結果を受けて21日に抹消されたのでしょう。

まず今シーズンの一岡投手が結果を残せていない原因として、昨シーズン比のデータ上では次の3点です。(もちろんこれ以外もありますが、特に注目するべき項目として)

・被打率の上昇(.152→.296)
・BB/9値の上昇(2.03→5.79)
・被出塁率の上昇(.204→.406)

でしょう。

今シーズンの一岡投手を見ていると、やはりストレートの質が昨シーズンとはまるで違うものになっていることが分かります。今シーズンの最高球速は148km/h、昨シーズンが151km/hで2km/h最高球速が低下していますが、ここは問題ではないでしょう。今シーズンも昨シーズンのような良いストレートを投げるシーンも見られます。しかしその頻度が非常に低いのです。今シーズン、中には130km/h台のストレートも見られるくらいです。もちろん球速が全てではありませんが、ある程度球速で判断するべきでなのでしょう。



現状の一岡投手の大きな課題はピッチングフォームにあると感じます。ピッチャーのピッチングフォームをよく見ていくと、右投手の場合には軸足である右足から前に踏み込んだ左足へ体重移動をし、ボールを離します。この時より打者の近い場所でボールを離すことで球威や球速を出します。よく「球持ちが良い」とTV解説なので言われるのがこのことです。当然ながらボールを離す位置から打者までの距離が少しでも短い方が球速が出ます(正しく言うと球速が落ちない)。

一岡投手の課題はまさしくこの体重移動で、体重が左足に乗らないうちにボールを離しているのです。この結果、ボールに充分なエネルギーが伝わらずに球威、球速が低下しているのです。またボールを離す位置が早いですから、ストレートを投げたつもりでもシュート回転してしまったり、フォークボールも落ちが早くて見切られる、もしくは抜けるようなフォークボールが多くなり打者に捉えられるという傾向が非常に多く見えます。余談ながらフォークボールの被打率(スプリット系含め)が昨シーズンの.143から.300への大幅に上昇していますが、これも偶然ではなく体重移動が原因でしょう。

現段階での改善点では体重移動のスピードを早くすることでしょう。「早くする」という書き方は語弊があるかもしれませんが、重心が左足に移る時に身体も左足に体重がかかるようなイメージが理想です。参考までに上の動画で岸孝之投手のフォームを載せているのですが、非常に綺麗な体重移動と力感が取れた美しいフォームです。

このように体重移動がおかしくなってしまって調子が降下するリリーバーは少なくありません。そのほとんどが登板過多による疲労が原因です。一岡投手の場合には昨シーズン肩を怪我していますが、今の状態との因果関係はわかりません。肩を庇って投げるなど因果関係はゼロではないでしょうけれど、今回の抹消に至った不調とは切り離して考えるべきかと思います。
重要なのはフォームを崩してしまう前に、抹消するなり登板間隔をあけることで疲労を抜いてあげないといけません。体重移動が上手く出来ていないまま投げ込んでこのフォームを身体が覚えてしまった場合、これは直すのは大変な話です。しかし早い段階で疲労を抜いてあげれば、完全にフォームや体重移動を崩さないまま再調整が効くので、比較的早期に復帰できるでしょう。
気になるのは一岡投手が開幕直後からこのような状態であったことです。そして開幕から2ヶ月が経過しようとしている時期に抹消という形でした。チーム事情もあったかとは思いますが、少々抹消するのが遅すぎたようにも思います。ここは毎日ブルペンで見ているブルペン担当の投手コーチがしっかりフォームを分析して、もっと早く抹消してあげたかったように思います。

ファームで疲労を抜いて、しっかりボールにエネルギーを伝えられる状態になってからまた1軍のマウンドに復帰して欲しいと願っています。
 



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

シアー・ホルツ選手が克服するべき課題

2015シーズン攻撃力が低迷しているカープでにおいて救世主として期待されて途中入団したのが、シアー・ホルツ選手です。緊急獲得となり、来日後すぐと言っていい形で1軍デビューを果たしますが、7試合26打席で打率.080とヒットが2本しか打てずにファームへ降格となりました。体調面での不安もありますが事実上は再調整ということでしょう。

ホルツ選手がここまで低迷する理由はいくつか思い浮かびますが、まずは入団してから1軍デビューまでの時間があまりにも無さ過ぎました。緊急補強という形での入団となりましたが、やはりウエスタンリーグで最低20打席は立たせてから1軍デビューさせるべきだったと思います。アメリカと日本の野球は違いますので、日本野球にアジャストさせる時間は必要です。どのくらい必要かはその選手によって変わりますが、最低でも20打席、もしくは10試合は必要であると考えます。
一部ファンからは「ホルツは使えない」という声も聞かれているようですが、私はそうは思いません。ウエスタンリーグでしっかりと調整をしてくれれば1軍でも必ずや活躍してくれると思っています。

ではウエスタンリーグで何を調整すればいいのか、ということになりますが私はポイントを2点挙げたいと思います。

まずはアウトローへの対応です。ホルツ選手はわずか26打席しか立っていませんが、目立つのはアウトローのボールゾーンになるコースに手が出ていると感じます。これは容易に想像できるかと思いますが、アウトローを打ち返すのは非常に難易度が高いのです。もちろんストライクゾーンであれば対応をしていかなくてはなりません。追い込まれた状況下であればファールにできる対応力が必要でしょう。アウトローは投手から見ても投げ込むのが難しいコースですから、カットしていくことで打てるコースが来るのを待つもの重要なポイントでしょう。
ただホルツ選手の場合には、アウトローのストライクゾーンだけでなくボールゾーンに手が出ているのです。これは日本で活躍できる外国人打者全員に言えることなのですが、やはりここを見逃せるようにならないと日本では数字が残りません。特にホルツ選手はどちらかと言えばアッパー系のスイングをするバッターですから、ローボールは得意だと思います。しかしこれもボール球まで手が出てしまうとどうしても数字が残りませんので克服したいところです。

2つ目はストライクゾーンでしょう。上に書いたアウトローへの対応に関連するのですが日本のストライクゾーンはメジャーリーグのストライクゾーンに比べて外角が狭く内角が広い、低めが狭く高めが広いという特徴(違い)があります。つまりアウトローに手が出やすいのもアメリカでストライクゾーンが頭に入っている可能性があると感じます。つまり「日本ではこのコースはボールなのか」とか「これはストライクなのか」ということをウエスタンリーグでしっかり頭に入れた上で打席に入らなければなりません。ストライクゾーンに対する慣れも必要でないかと感じます。

最後に今度はインハイのストレートに対する対応です。アッパー系のスイングですから少々苦労しそうなコースです。ここをどう捌くかもポイントになりそうです。セリーグのバッテリーはインハイに速球を投げ込んだり、捕手が立ち上がって高めの釣り球を要求することがパリーグに比べて少ないように感じますが、それでもインハイのストライクゾーンに入ってくるボールを打ち返すことができるようになればかなりの数字を残せるようになうと感じます。


外国人としては最高レベルの条件で獲得した選手ですから、ファンの期待値は高いでしょう。ウエスタンリーグでは打率4割前後と数字も出てきているようです。しっかりと日本野球にアジャストした上で、再昇格を勝ち取ってほしいと感じます。



↓姉妹サイト
レオ様にっき ~埼玉西武ライオンズファンブログ~
http://seibulions.blog.jp/


広島東洋カープ ブログランキングへ

おすすめサイト


姉妹サイト
レオ様にっき
~埼玉西武ライオンズファンブログ~

http://seibulions.blog.jp/